自己肯定感を伸ばすレバインメソッドとレバインエデュケーション
自己肯定感を伸ばすレバインメソッドとレバインエデュケーション

 

 

こちらの私が筆記した子育て本親から始まる「正解のない時代」を生き抜く世界基準の子育て)で、「親も一個人である」ことを子どもに見せて、それにより対等な関係を作る必要性について、詳しく記載しています。

その中で、1つ、どの親でもできることがあります。それは、、、?

 

「1日に何があった?何をした?」ことを親が子どもにいろいろと話すことです。

 

 

YouTube動画で見本が見れます

以前、バイリンガルベイビー英会話のYouTubeチャンネルでアップした動画にも、まさしくこういうシーンがありました。
クリックすると、特定のシーンに飛ぶことになっているので、クリックしたらすぐみれます!


親から始まる子育て

とにかく1日の終わりに「ママ・パパは今日は◯◯をしたよ」という話しを毎日お子さんにすれば、お子さんも自分から話したくなるのと、「私のママ・パパも私と同じように一個人であるね」と気付いてくれます。対等な関係を作ることにより、お子さんが大きくなると、大人と話す時に、自分らしく自分の意見を言えるようになるし、親にもいろいろ正直に話すようになります!

 

この子育てについてもっと知りたい!

レバインエデュケーションという子育てコミュニティで、日頃の親子の関係の中で、レバインメソッドを使ってお子さんの自己肯定感と主体性、考える力を伸ばす方法をたくさんシェアしています。

 

 

親から始まる正解のない時代を生き抜く世界基準の子育てまたレバインメソッドについてもっと知りたい方は、私が筆記した子育て本も是非ご覧ください!もし「レバインメソッドのHow toをもっと知りたければ、レバインエデュケーションの自己肯定感子育てコミュニティもチェックしてみてください!

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事